令和3年度予算決定!営農型太陽光発電に使える補助金



  皆様こんにちは。ソーラーシェアリングのことならお任せ!

  『営農型太陽光情報提供システムドットコム』を運営する野田建設です。

  本日もブログをお読み頂き誠にありがとうございます。



  本日は営農型太陽光発電に利用可能な補助金についてお伝えいたします。



=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=

  
  1.廃熱・未利用熱・営農地等の効率的活用による脱炭素化推進事業

  2.営農型太陽光発電システムフル活用事業


=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=


  この補助金は廃熱・未利用熱・地中熱棟を有効活用し、脱炭素化に向けた社会システムのモデルケースを

  創出すること、農林水産業等地域産業の活性化につながるエネルギー利用及び地域連携によるCO2削減対策を

  推進することを支援するための補助金で、営農型太陽光発電の対象事業に含まれます。



  【予算額】13.9億円

  【対象】民間企業、農林漁業関連施設、地方公共団体

  【対象設備】太陽光発電、蓄電池

  【補助額】1/2

  ※FITによる売電を行わないことが条件となっておりますのでご注意ください。





  営農型太陽光発電で発電した電気を自らの農業経営の高度化に活用し、営農型太陽光発電のメリットを営農面で

  フルに活用するためのモデル構築を支援することを目的とした補助金です。

  補助金の概要については以下の通りです。



  【予算額】600億円

  【対象】民間団体等

  【補助額】1/2 ※架台やパネルなど発電設備そのものの経費は対象外



  こちらの補助金は既設の営農型太陽光発電に適用されるもので、太陽光発電により発電した電気を農業の効率化に

  活用するための取り組みを実施する場合に適用となるので、新規で営農型太陽光発電を導入する場合は適用外となる

  のでご注意ください。



  これらの補助金情報は2020年12月に発表されたものであり、変更となる場合があります。

  また新着情報が発表され次第、お伝えさせていただきます。



  ソーラーシェアリングのことなら野田建設にお任せ!

  来週もブログをお楽しみに!