令和3年度に活用できる補助金3選!



  皆様こんにちは。ソーラーシェアリングのことならお任せ!


  『営農型太陽光発電情報提供システムドットコム』を運営する野田建設です。

  本日もブログをお読み頂き誠にありがとうございます。



  本日は令和3年度に活用可能な再エネ・省エネ補助金を3つご紹介いたします!




=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=

  1.ストレージパリティの達成に向けた太陽光発電設備等の価格低減促進事業BCP対策策定方法

  2.地域レジリエンス・脱炭素化を同時実現する非難施設等への自立・分散型エネルギー設備等導入推進事業

  3.先進的省エネルギー投資促進事業費補助金(旧エネ合補助金)

=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=





  【予算】50億円

  【対象設備】自家消費型太陽光発電システム、蓄電池

  【対象業種】民間企業

  【補助率】・太陽光システム:4~6万円/kWh

       ・蓄電池システム:2万円/kWh 又は 6万円/kWh

       ・工事費:補助対象(金額は未定)



  環境省発表の上記補助金は「再エネ・蓄電池の導入及び価格低減促進と調整力の確保等により、再エネ主力化と

  レジリエンス強化を同時に向上」させることを目的としたものです。

  太陽光発電の活用方法は「完全自家消費型」のみが対象です。設置方法は、通常の自己所有に加え、オンサイト型

  PPAモデル(0円モデル)等も可能です。





  【予算】50億円

  【対象設備】①再エネ設備(太陽光、風力、水力等)

        ②蓄電池設備(太陽光設置の際は必須)

        ③省エネ設備(空調、照明、給湯、EMS、変圧器)※災害時に①②からエネルギー供給を受けて稼働

        ④コージェネレーションシステム(停電対策仕様)

  【対象業種】公共施設

  【補助率】1/3、1/2、2/3※設置施設や設備容量により、補助金が変化します。



  こちらの補助金は感染症対策を推進しつつ災害・停電時にも避難施設等へのエネルギー供給が可能な

  再生可能エネルギー設備等の導入を支援する補助金となっています。

  ただし、地域防災計画によりs代が維持に避難施設等として位置付けられた公共施設への、再生可能エネルギー設備等

  の導入にり適用となります。




  【予算】325億円

  【区分】(A)一般事業 (B)大規模事業 (C)連携事業 (D)エネマネ事業

  【対象設備】(A)・(B)省エネ設備の更新・改修、EMS
              ※照明を導入する場合は、事業全体の設備費の内、照明に係る費用が50%未満の事業

        (C)複数事業者間において生産設備の統合、ユーテリティ共有

        (D)EMS(SII登録機器のみ)

  【対象事業】工場、倉庫等の事業場

  【補助率】2/3、1/2、1/3、1/4



  工場や倉庫等の事業場において実施されるエネルギー消費効率の高い設備への更新等を支援する補助金です。

  以前まで「エネルギー使用合理化等事業者支援事業(エネ合)」という名称の補助金だったものです。



  これらの補助金情報は2020年12月に発表されたものであり、変更となる場合があります。

  また新着情報が発表され次第、お伝えさせて頂きます。



  上記の補助金を活用して、電気代削減や環境経営を行う上で必要となる設備をお得に導入しましょう!

  

  ソーラーシェアリングのことなら野田建設にお任せ!

  来週もブログをお楽しみに!