第38回永続農家推進協議会定例会を開催しました

令和4年4月16日土曜日に第38回永続農家推進協議会定例会を開催しました

1 定例会の開催内容

(1)オンライン形式によるセミナー
第一講座 【2050年 脱炭素化社会の実現への営農型太陽光発電の役割 Ver2】
(一社)ノウチエナジー 代表理事 酒本 道雄様
第二講座 【ウクライナショックにおける太陽光投資の在り方】
株式会社船井総合研究所 脱炭素ビジネスグループ マネージャー青柳 圭祐様

その他  【野田建設がお伝えするお知らせ】
第一講座では、ソーラーシェアリング設置による農地一時転用許可の全国大での取得状況や、環境
省における非FITに対応したコーポレートPPA型
ソーラーシェアリング設置に対する補助金制度等の
紹介、また、営農型太陽光発電設備構造の多様化等最新情報紹介を頂きました。
第二講座では、ロシアのウクライナ侵攻により引き起こされたウクライナ
ショック経済影響の現状と
金融制裁予測から今後の資産運用においては、各投資のなかから太陽光発電の安定性について詳しく
説明して頂きました。

(2)ブルーべリーハウスの現地見学&室内講演形式のセミナー
現地見学
見学先:岐阜市中西郷地内 ㈲ツットモ農園 代表 辻 朋宏様 所有「ブルーベリーハウス」
講座 【2050年 脱炭素化社会の実現への営農型太陽光発電の役割 Ver2】
(一社)ノウチエナジー 代表理事 酒本 道雄様
その他  【野田建設がお伝えするお知らせ】
現地見学では、好天に恵まれ、摘み取ったばかりの大きく実ったブルーベリーを食しながら、辻様よ
りここに至るまでのご苦労と、今後の取り組みについて熱く語って頂きました。
講座では、ソーラーシェアリング設置による農地一時転用許可の全国大での取得状況や、環境省にお
ける非FITに対応したコーポレートPPA型
ソーラーシェアリング設置に対する補助金制度等の紹介、
また、営農型太陽光発電設備構造の多様化等
最新情報紹介を頂きました。