ソーラーシェアリングと農地転用型(野立て)太陽光発電の違い



  皆様こんにちは。ソーラーシェアリングのことならお任せ!

  『営農型太陽光情報提供システムドットコム』を運営する野田建設です。

  本日もブログをお読み頂き誠にありがとうございます。



  農地を活用したいけど、具体的にどうすればよいのかわからないという方も多いかと思います。

  今回は農地の二つの活用方法をご紹介いたします。

  農地の活用方法は「ソーラーシェアリング」と「野立て太陽光発電」の設置の2つがあります。

  


  =◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=

  1.ソーラーシェアリングと野立て太陽光発電の違い

  2.ソーラーシェアリングのメリット

  3.最後に

  =◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=



  1.ソーラーシェアリングと野立て太陽光発電の違い

  <ソーラーシェアリング>

  営農型太陽光(ソーラーシェアリング)とは、農業を続けながら太陽光発電を設置する方法です。

  そのため、農地転用の必要はありません。



  <野立て太陽光発電>

  野立て設置は、農地を宅地などに転用し、太陽光発電を設置する方法です。

  営農型に必要な3年ごとの許可更新申請などが不要で、農業を続ける必要がありません。



  両社の大きな違いは「農業を継続するかどうか」という点にあります。


20120712-1

  2.ソーラーシェアリングのメリット

  ソーラーシェアリング、野立て太陽光発電の設置両方それぞれメリットがありますが、私たちは「ソーラーシェアリング」の

  推進をおすすめいたします。



  ソーラーシェアリングには様々なメリットがありますが、その中でも、日本の農業が抱える問題を解決するという点で

  大きなメリットがあります。



  ソーラーシェアリングは農業の収入に加え、太陽光発電の売電収入もありますので、農業以外の収入を得ることができるようになります。

  収入の増加により、兼業農家から専業農家へ移行することが可能になったり、新規就農へのハードルを下げることが

  できたりといった効果があります。



  それだけでなく、SDGsへの貢献や農作物によってよりよい土地づくりになることなど多くのメリットがあります。

  ぜひ、一度、ソーラーシェアリングを検討してみてはいかがでしょうか?



  3.最後に

  本サイトは営農型太陽光発電/ソーラーシェアリングに豊富な実績を持つ㈱野田建設が運営する情報提供サイトです。

  当サイトは、「農地を持っているけど、何か有効活用できないかなぁ」「農地に太陽光発電を設置できるときいたけど・・・」

  「何か有効な投資商材がないかなぁ」などといったお悩みをお持ちの方のために設立いたしました。

  太陽光発電と農地を相互的に有効活用することができることを知っていただき、お悩み解決につながればと思います。

  当サイトであれば、「農地に太陽光発電を設置する」上での必要な情報は全て揃うようになっています。是非ご活用ください。



  ソーラーシェアリングのことなら野田建設にお任せ!

  次回のブログもお楽しみに!