SDGsの達成に向けてソーラーシェアリングが果たす役割とは?


  皆様こんにちは。ソーラーシェアリングのことならお任せ!

  『営農型太陽光情報提供システムドットコム』を運営する野田建設です。

  本日もブログをお読み頂き誠にありがとうございます。



  今回はSDGsの達成に向けたソーラーシェアリングの役割についてお伝えします。

  SDGsを最近よく耳にするかと思いますが、今回はSDGsとソーラーシェアリングの関係性について解説いたします。

  =◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=

  1.SDGsとは?


  2.SDGs × ソーラーシェアリング

  3.最後に

  =◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=◆◆=



  1.SDGsとは?

  SDGsは2015年に国連が「今の世界の課題はなにか}を議論し、課題解決を2030年までの目標としてまとめたものです。

  考え方のベースには「経済・社会・環境」のバランスがとれた成長があります。

  SDGsは特別なルールはなく、企業に置き換えて読むことができ、SDGsを取り入れることで取引先の開拓や資金獲得、

  イメージアップ、人材確保といったビジネスチャンスが広がることが期待されています、

  SDGsでは17の目標と169のターゲットが設定されています。

  「17のの目標」は開発途上国の基礎的な目標、先進国や企業が取り組むべき課題、地球規模の課題などがまとめられています。

  例えば、「貧困をなくそう」や「エネルギーをみんなに、クリーンに」や「平和と攻勢をすべての人に」などがあります。

  169のターゲットとは17の目標を達成するために設定されているより具体的な指針です。

  この目標とターゲットの達成に向けて、行動することが求められます。

  下記が17のゴールです。


sdgs17



  2.SDGs × ソーラーシェアリング

  SDGsの達成に向けてソーラーシェアリングが大いに活躍します。

  17のゴールのうち、ソーラーシェアリングの活用が貢献できる目標は以下の通りです。



  7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに

  再生可能エネルギーはクリーンでサスティナブルなエネルギーをです。

  太陽光発電によって作られる「再生可能エネルギー」は、火力発電の原料となる石油や石炭などの化石エネルギーと

  比べて、発電時に温室効果ガスの排出を抑えられるクリーンなエネルギーです。



  8.働きがいも経済成長も

  農業の後継者不足や、収益性が日本では問題として度々取り上げられています。

  ソーラーシェアリングであれば、のうぎょうの収入に加え、売電収入を得ることができますので、

  農業そのものを継続・成長させることができます。



  15.陸の豊かさを守ろう

  日本ではこれまで太陽光発電の導入で自然林を壊してしまうというケースが発生していました。

  しかし、新たに野山を切り開いたりするのではなく、農地などのすでに開発された土地を使うことができるソーラーシェアリングは

  結果として、陸の豊かさを守ることになり、SDGsの達成に貢献します。

  このように、ソーラーシェアリングは農業とエネルギーの問題解決となることはもちろんですが、

  SDGsの達成にも大きく貢献します。



  4.最後に

  本サイトは営農型太陽光発電/ソーラーシェアリングに豊富な実績を持つ㈱野田建設が運営する情報提供サイトです。

  当サイトは、「農地を持っているけど、何か有効活用できないかなぁ」「農地に太陽光発電を設置できるときいたけど・・・」

  「何か有効な投資商材がないかなぁ」などといったお悩みをお持ちの方のために設立いたしました。

  太陽光発電と農地を相互的に有効活用することができることを知っていただき、お悩み解決につながればと思います。

  当サイトであれば、「農地に太陽光発電を設置する」上での必要な情報は全て揃うようになっています。是非ご活用ください。



  ソーラーシェアリングのことなら野田建設にお任せ!

  次回のブログもお楽しみに!