自家消費型太陽光発電を買わずに設置!大企業も注目する「第三者所有モデル」とは?


 皆様こんにちは。

 自家消費型太陽光発電のことならお任せ!

 『営農型太陽光情報提供システムドットコム』を運営する野田建設です。

 本日もブログをお読み頂き誠にありがとうございます。

 今回は自家消費型太陽光発電を自社の屋根に0円で設置するスキーム「第三者所有モデル」について

 ご紹介させていただきます。



【自家消費型太陽光発電の「第三者所有もでる」とは?】

 「第三者所有モデル」とは、電力需要家が自家消費型太陽光発電を所有するのではなく、

 自家消費した電気の対価を電力料金やサービス料として支払うモデルのことを言います。



 一般に流布している名称としては、ほかに「PPAモデル」などがあります。「PPAモデル」は

 「Power Purchase Agreement(電力販売契約)」の略称です。



 「第三者所有モデル」は初期投資や管理コスト(メンテナンス費用)が0円でリスクを抱えないことが

 最大のメリットとしてあります。



 また自家消費型太陽光発電の「第三者所有モデル」を導入することによってCO2フリーの電力を入手できるため

 「RE100」「再エネ宣言REaction」参加を目指している企業は環境負荷価値付き電力を求め導入を

 検討しているといわれています。



【「第三者所有モデル」導入の一般的な流れ】

 ★導入段階

 「第三者所有モデル」を締結すると、自家消費型太陽光発電の設備提供者が「第三者所有モデル」契約者が

 所有する施設の屋根といった設置場所に自家消費型太陽光発電システムを設置します。

 この時に「第三者所有モデル」契約者が払う料金は0円です。



 ★実際に設置された自家消費型太陽光発電から生成された電力を使用する際

 「第三者所有モデル」を締結し、設置された自家消費型太陽光発電から得た電力を使用する際に

 「第三者所有モデル」契約者は自家消費型太陽光発電の設備提供者に電力使用料を支払います。



 ★契約期間満了後

 「第三者所有モデル」の契約期間が終了し、契約者の電力使用料が一定を超えた場合には設置した

 自家消費型太陽光発電の所有権が契約者のもとに移ります。



 以上の3ステップをふまえて、契約者のもとに自家消費型太陽光発電設備が設置され、電力を使用し、

 自家消費型太陽光発電設備の所有権が移ります。



【「第三者所有モデル」活用事例】

 実際に「RE100」に加盟している「イオン」は「イオンタウン湘南」にて、この「第三者所有モデル」を

 活用し自家消費型太陽光発電を導入すると発表しています。



 電力需要家が自ら自社の敷地内に自家消費型太陽光発電を導入するだけが導入方法ではなくなってきた

 現状をふまえて、このブログをご覧の皆様にも各状況に応じた、ベストな自家消費型太陽光発電の導入方法を

 検討されてみてはいかがでしょうか。



 どのようなご相談でもお気軽に弊社までお問い合わせください。

 太陽光発電なら野田建設にお任せ!

 来週のブログもお楽しみに!