営農型太陽光発電/ソーラーシェアリング設置前に知っておくべきポイント



皆様こんにちは。

営農型太陽光発電/ソーラーシェアリングのことならお任せ!

『営農型太陽光情報提供システムドットコム』を運営する野田建設です!

本日もブログをお読み頂き誠にありがとうございます。


今回は営農型太陽光発電/ソーラーシェアリングの設置にあたり、事前に知っておくべきポイントをいくつか紹介いたします。



営農型太陽光発電/ソーラーシェアリングは設置して終わりといったものではありません。

設置後のランニングコストも視野に入れておかなければ、20年間の収支計算で見誤る可能性があります。



例えば、20年間の内でかかるランニングコストとしては以下のものが挙げられます。

◎メンテナンス費用

太陽光発電設備も機械です。つまり、20年間安定して稼動させるためには定期的なメンテナンスが必要になります。

年に数回の目視点検と電機点検、レポート提出などがあり、年間10万円前後となっています。



◎償却資産税

こちらは設備にかかる税金となります。導入費用によって差が出る為、各物件によってその費用は異なります。

導入費用が高ければ高いほど、その金額は増えますので、注意が必要です。



◎動産保険料

万が一の時の自然災害に対応する為に、保険の費用がかかります。

こちらも現場によって費用が異なりますので、導入時に確認するようにしましょう。



上記のように設備費以外にもランニングコストは意外とかかってきます。

これらの費用を説明しないような業者も存在しますので、しっかりとメリット・デメリットを

説明してくれる販売店を選ぶようにしましょう。



どのようなご相談でもお気軽に弊社までお問い合わせください。
営農型太陽光発電/ソーラーシェアリングなら野田建設にお任せ!

来週のブログもお楽しみに。



お電話でのお問い合わせ

小冊子
 また、営農型太陽光発電/ソーラーシェアリングを導入する上で、皆様が必ず気になるポイントや導入の手順を徹底解説した「営農型太陽光丸分かりBook」を期間限定で無料プレゼント中です。

 今すぐこちらをクリックして、必要事項とお問い合わせ内容に「無料冊子希望」とご記入ください。 2~3営業日以内にお問い合わせ頂いた皆様全員に無料でプレゼント致します。

 期間限定での無料プレゼントですので、今すぐお問い合わせください!