農作物の流通経路としての道の駅について


皆様こんにちは。

営農型太陽光発電/ソーラーシェアリングのことならお任せ!
『営農型太陽光情報提供システムドットコム』を運営する野田建設です。

本日もブログをお読み頂き誠にありがとうございます。


先週のブログに引き続き、農作物の流通手法についてももう少し見ていきたいと思います。

先週は農作物の販売経路について「直売所」の存在をお話しさせて頂きましたが、

その他にも代表的なものとして「道の駅」の存在が挙げられます。



「道の駅」も、「直売所」同様に、直接農作物を最終消費者に販売いたしますが、

その特性は微妙に異なります。



正確には「道の駅」とは日本の各自治体と道路管理者が連携して設置し、国土交通省(精度開始は建設省)

により登録された、商業施設・休憩施設・地域振興施設等が一体となった道路施設になります。

現在のところ、その登録数は全国で1,145箇所になります。



また「農産物直売所」とは、その直売所が立地する周辺の農家あるいは農業協同組合(農協、JA)などが

設置した、地元の農産物を販売する施設となり、道の駅のメイン商品として扱われることが多くなっています。



つまり「道の駅」」には、「休憩機能」・「情報発信機能」・「地域の連携機能」とあり、

この一つとして直売所が存在するという形式になっています。



農家の皆様からすると、「直売所」も「道の駅」も同様の流通経路になりますので、

お近くの使いやすい・提携しやすい販売店を探していただく方が良いかと思います。



営農型太陽光発電/ソーラーシェアリングで課題となる流通の方法ですが、このように工夫することで

販売収益を格段に高めることが可能となります。



このようなご相談でもお気軽に弊社までお問い合わせください。
営農型太陽光発電/ソーラーシェアリングなら野田建設にお任せ!
来週のブログもお楽しみに!



お電話でのお問い合わせ

小冊子
 また、営農型太陽光発電/を導入する上で、皆様が必ず気になるポイントや導入の手順を徹底解説した「営農型太陽光丸分かりBook」を期間限定で無料プレゼント中です。

 今すぐこちらをクリックして、必要事項とお問い合わせ内容に「無料冊子希望」とご記入ください。 2~3営業日以内にお問い合わせ頂いた皆様全員に無料でプレゼント致します。

 期間限定での無料プレゼントですので、今すぐお問い合わせください!