千葉大学が発表 全国の営農型太陽光作付けランキング ブルーベリー・榊の順位は?


 皆様こんにちは。

 営農型太陽光発電/ソーラーシェアリングのことならお任せ!
 『営農型太陽光情報提供システム.com』を運営する野田建設です。

 本日もブログをお読み頂き誠にありがとうございます。


 営農型太陽光作付け作物ランキング


 当ブログでは以前より、営農型太陽光発電/ソーラーシェアリングで栽培する作物として、榊とブルーベリーが最適ですとご紹介を続けてまいりました。

 千葉大学大学院社会科学研究院の倉阪秀史教授が公表した「ソーラーシェアリング全国調査結果報告書」では、
2019年1月時点での営農型樋要綱で栽培する作物のランキングを市町村別での認可数で公表をしています。

阪秀史教授が公表した『ソーラーシェアリング全国調
査結果報告書』では、
2019
1
月時点での営農型太陽光で栽培する作物のランキングを市
町村別での認可数で公表をしています。
倉阪秀史教授が公表した『ソーラーシェアリング全国調
査結果報告書』では、
2019
1
月時点での営農型太陽光で栽培する作物のランキングを市
町村別での認可数で公表をしています。
順位 作付け作物 実施事例
1 ミョウガ 65
2 41
3 35
4 しいたけ 31
5 ブルーベリー 20
6 ふき 18
7 15
8 ねぎ 14
9 牧草 13
9 かぼちゃ 13
 ※実施事例は市町村数
  千葉大学大学院社会科研究院倉阪秀史教授 『ソーラーシェアリング全国調査結果報告書』(http://pub.idisk-just.com/fview/e8wM5U_mzYROTRt4PEqiYWFxrbnAdeaUhtGi6gzCuFBFtpSJK7Knxf_aDrwZYQyBrHCAbxLG715uGw-fgwHK9JxGryVo_wCW/44K944O844Op44O844K344Kn44Ki44Oq44Oz44Kw5YWo5Zu96Kq_5p-757WQ5p6c5aCx5ZGK5pu4.pdf)を元にランキング表を作成。


 倉阪教授の調査結果によると、全国で営農型太陽光の作付け作物として「榊」を認可した農業委員会は、41の市町村、「ブルーベリー」を認可した農業委員会は20の市町村でした。
 それぞれ上位にランクインしています。

 一方でこの調査では各農業委員会に対して営農型太陽光(ソーラーシェアリング)への考え方を問いています。
 結果は、実に全体の6割近い農業委員会が『太陽光パネルの下で十分に営農できないと思う』と回答し、営農型太陽光そのものに懐疑的な立場を表明しています。
 その原因として、同調査では『売電を主な目的とする営農型太陽光案件に苦慮しているため』と分析しています。


 まとめ
 このように、千葉大学倉阪教授の調査では、榊やブルーベリーは全国各地の農業委員会で営農型太陽光の作付け作物として認可されていることが分かります。
 しかし、多くの農業委員会は営農型太陽光について懐疑的であるという調査結果が出されています。

 営農型太陽光の主な目的は、売電ではなく、農業が第一であるとしています。

 営農型太陽光情報提供システム.comを運営する野田建設では、2013年の営農型太陽光解禁直後から、営農型太陽光を『農業のための発電設備』という前提のもと、
『作り手よし・買い手よし・作物よし・発電よし』を徹底しています。

 その結果、岐阜県内での営農型太陽光認可件数37件のうち、30件は野田建設による販売施工です。
 営農型太陽光の導入、営農物の選定、補助金に関するご相談は、このように実績が豊富な野田建設にお任せください。
 メールだけでなく、お電話でも無料でご相談、お見積りを承っております。




お電話でのお問い合わせ

小冊子
 また、営農型太陽光を導入する上で、皆様が必ず気になるポイントや導入の手順を徹底解説した「営農型太陽光丸分かりBook」を期間限定で無料プレゼント中です!

 今すぐこちらをクリックして、必要事項とお問い合わせ内容に「無料冊子希望」とご記入ください。
 2~3営業日以内にお問い合わせ頂いた皆様全員に無料でプレゼント致します。
 期間限定での無料プレゼントですので、今すぐお問い合わせください!