ブログ 「ブルーベリー」も営農型太陽光発電/ソーラーシェアリングに最適な作物です。

人気のブルーベリーは本当に育てやすいの?



  こんにちは。
  本日もブログをお読み頂き誠にありがとうございます。

  前回、前々回と、営農型太陽光発電/ソーラーシェアリングに最適な作物として榊を紹介していきました。

  実は、他にも榊と同様に

   ・収穫までゆっくり育つ。
   ・手間がかからない。
   ・日陰でも育つ。
   ・安定した出荷先がある。

  という特徴がある作物が存在します。


 それが、「ブルーベリー」です。


  ・人気のブルベリーは本当に育てやすいの?

  ブルーベリーはツツジ科に属する落葉低木果樹です。
  最大でも2m~3mほどに成長し、6月から9月にかけて実が収穫できます。


  ブルーベリーは「ハイブッシュ系」と「ラビットアイ系」の2種類があります。

  ハイブッシュブルーベリーは、栽培がやや難しいという欠点はありますが、味がよく、大玉になる品種です。
  6月から7月にかけて収穫でき、比較的寒い地域でも栽培が可能です。


  他方で、ラビットアイブルーベリーは実の大きさは、ハイブッシュブルーベリーよりも少し小ぶりになります。
  しかし、土壌を選ばす、樹勢が強いので、ブルーベリーを初めて栽培する人にもカンタンに育てることが出来ます。


  大まかな違いは以上です。

  個々から更に細かい分類には派生します。
  アーリーブルー、コリンス、デュークなどなど。
  非常にたくさんありますので、詳しい紹介は別の項に譲りますが、ブルーベリーの用途(生食用か、ジャム用加工用などなど)たくさんの品種が存在しています。



   ・営農型太陽光発電/ソーラーシェアリングの作物としてもブルーベリーは大人気

  ブルーベリーは、栽培の手間の少なさ、低木であること、出荷単価が高いことなどなどを背景に、営農型太陽光の黎明期から注目されてきました。

  前回紹介した榊と大きく異なることは、その事例の多さです。

  千葉大学発のベンチャー企業「千葉エコエネルギー」や中央農業大学校を始め、ブルーベリーを栽培する営農型太陽光の事例は数多く存在します。
  また、農林水産省も「営農型太陽光の優良事例紹介」というパンフレットにて、ブルーベリーでの営農を進めています。

  



  本日も最後までお読み頂きありがとうございました。
  次週もお楽しみに!




まとめ


  このように事例が多く、農水省のお墨付きのあるブルーベリーの栽培も営農型太陽光にとって最適な作物と言えます。

  「おすすめの作物はわかったけど、どうやって営農型太陽光をはじめればいいの?」
  「まずは何から準備すればいいの?」といったご相談はメールだけでなく、お電話でも無料で承っております。



お電話でのお問い合わせ

小冊子

  また、営農型太陽光を導入する上で、皆様が必ず気になるポイントや導入の手順を徹底解説した「営農型太陽光丸分かりBook」を期間限定で無料プレゼント中です!

   今すぐこちらをクリックして、必要事項とお問い合わせ内容に「無料冊子希望」とご記入ください。
  2~3営業日以内にお問い合わせ頂いた皆様全員に無料でプレゼント致します。

  期間限定での無料プレゼントですので、今すぐお問い合わせください!