ブログ 第16回永続農家推進協議会を開催しました


こんにちは。
本日もブログをお読み頂き誠にありがとうございます。

8月4日(土)に岐阜市のじゅうろくプラザにて、弊社主催の「永続農家推進協議会」を開催いたし致しました!!

・永続農家推進協議会の目的と概要
永続農家推進協議会は、「農家の」「農家による」「農家のための」協議会と位置づけ、農家様の様々な不安や問題点を一緒に考え、協議し、明るい未来を創造したいと考えています。

当協議会では、「後継者問題」や「遊休地の活用」「相続の最適方法」などを協議しております。


第16回目となる今回は、2名の新規会員様のご参加も含めて、15名のご参加をいただきました。

以下、当日の模様をご紹介します!


・第16回永続農家推進協議会の模様
20180804-1
  第1講座は、船井総合研修所の青柳様をお迎えして「太陽光発電の現状と今後の活用について」というテー マでお話しをいただきました。
  太陽光発電やそれを取り巻く現状をわかりやすく解 説していただきました!
  また、RE100やSDGsなど最先端の事例や取組みにつ いても言及され、エネルギーや太陽光の未来を考える きっかけとなりました。
 RE100やSDGsについては、今後このブログでも取り上 げていきますのでお楽しみに!

20180804-2

 第2講座では、永続農家推進協議会会員の木戸様より「営農型太陽光発電の取組み~情熱とねばり~」というテーマでお話しを頂きました。

 営農型太陽光発電に興味を持ったきっかけから、導入、作物栽培の苦労など、実体験をもとにお話しいただいたおかげで、皆様熱心に二荷を傾けておられました。
 木戸様は営農型太陽光発電をFIT(固定価格買取制度)が開始した2012年から導入・実施を農業委員会へ打診されており、行政制度が十分に確立する以前の貴重なお話を伺うことができました。




  その後は、休憩をはさみ、会員様間の情報交換会です。
 
  現在の悩み事や相談事や営農型太陽光発電の導入など、様々なテーマで事由闊達な情報交換の場となり、非常に盛り上がりました。



  ・まとめ

  このように、永続農家推進協議会では、今回のような外部の講師を招いた勉強会や「農地活用事例見学会」などを開催し、「農家のため」の取組みを行っています。
  農業でお困りのことがございましたら、ぜひ一度野田建設及び永続農家推進協議会までお問い合わせください!



  本日も最後までお読みくださり、誠にありがとうございました。
  次週もお楽しみに!