ブログ 野田建設のサポートサービスについて

皆様こんにちは!


本日もブログをお読み頂き誠にありがとうございます。
本日は野田建設が現在実施している「営農型太陽光発電/ソーラーシェアリング」へこれから取り組まれる方向けのサポートサービスについてご紹介させて頂きます。


「営農型太陽光発電/ソーラーシェアリング」は国の後押し策も加速しておりますので、取り組まれるのであればまさに今です。
しかし、今から「営農型太陽光発電/ソーラーシェアリング」に取り組むのは非常に時間と労力を要しますので、自社単体で一から取り組まれるのはお勧めいたしません。

これから取り組まれるのであれば、煩雑な申請を「非常に効率よく」通すスキームを構築し、最短経路で進まなければ時間だけがあっという間に過ぎ去り、気が付けば「固定価格買取制度」も終わっていたなんてことにもなりません。

弊社野田建設ではこの申請に関して、最短経路で行っていただくためのサポートをさせて頂きます。
弊社では、これから「営農型太陽光発電/ソーラーシェアリング」に取り組むのであれば、「榊」という作物が手間がかからず、高値で売れる作物としてお薦めさせて頂いています。
弊社では、この「榊」において「営農型太陽光発電/ソーラーシェアリング」を実施する際、煩雑な書類の作成を効率化する為に、「事務員でも申請できるレベル」にまで落とし込んだマニュアルを作成し、取り組んでいます。

弊社のサポートサービスにお申し込みいただけた方には、この「榊」に関する「営農型太陽光実施マニュアル」をお渡しさせていただき、申請業務の効率化についてお手伝いさせて頂きます。
 また、その他のサポート内容に関しては下記をご確認ください。


1)下部作物が榊による場合の意見書の作成
  ・榊以外の作物については、作成可能かを判断の上対応する。
  ・可能と判断される場合、新たな作物に関しては、しかるべき機構に依頼することが必要となるためそれ相応の実費が想定されます。

2)意見書を作成したものについて、必要と判断した場合、収量の年次報告書の作成
  ・意見の記載と押印
  ・一時転用期間終了後、再申請する場合は必要と判断した場合、再申請の意見書の作成

3)下部作物が榊またはブルーベリーの場合、可能であれば販路の紹介

4)設備図面作製のアドバイスと必要と判断すれば、下部作物の配置等のアドバイス
  ・図面作製等の作業が生ずる場合は実費がかかります。

5)申請書類の作成等に関するアドバイス

6)榊を下部作物とする場合、榊に関する資料の紹介

7)設備選定等に関するアドバイス

8)施工等に関するアドバイス


以上のように皆様が円滑に「営農型太陽光」に取り組まれる為の充実したサポートを実施させて頂きます。

詳細なご案内は弊社に直接お問い合わせ頂ければ、ご説明させて頂きます。
お気軽にご連絡ください!


それでは本日もお読み頂きありがとうございました。
次週もお楽しみに!