ソーラーシェアリングと新電力

皆さま、こんにちは。
ソーラーシェアリングのことならお任せ!

20164月に電力小売りが自由化となり、様々な電力小売事業者の中から購入する電力を選択することができるようになりました。

新電力の普及により、ソーラーシェアリングが注目を集めていることをご存じでしょうか?

実は、新電力会社にソーラーシェアリングの電気を売電することで、発電を行う発電事業者だけではなく電気を供給する需要家にもメリットがあります。

今回は、新電力会社の普及によってソーラーシェアリングが注目を集める理由についてご説明します。

新電力とは?

電力供給事業は「発電部門」「送配電部門」「小売部門」の大きく3つに分けられます。

 従来、旧一電と呼ばれる東京電力や関西電力などの大手電力会社10社のみが「小売部門」である電力の小売りを行うことができました。

しかし、20164月に電力小売が全面自由化となり、様々な会社が電力販売に参入できるようになりました。この自由化によって新たに電力小売事業を開始した電力会社を新電力会社と呼びます。

新電力が注目を集める理由

2016年の電力小売の自由化以降、新電力が急速に普及拡大しました。

その理由として、「電気代が安い」ということが挙げられます

一般的に大手電力会社では発電から小売りまでを一貫して対応するため、事業運営のコストが高くなりがちです。このコストは基本料金として年間のピーク時の消費電力量(最大デマンド値)によって設定されます。そのため、電力使用量が少ないオフシーズンでも高い基本料金を支払わなければなりません。

一方、新電力は小売りのみを行っている場合が多く、固定費が安くなるため基本料金を安く設定することができます。

ソーラーシェアリングの電気を「売る」「買う」メリット

冒頭でもご説明しましたが、新電力会社にソーラーシェアリングで発電された電気を売電することは、売電を行う発電事業者だけでなく電気を購入する需要家にもメリットがあります。ここでは、それぞれのメリットについてご紹介いたします。

発電事業者側のメリットとしては「売電収入を得ることができる」ということが挙げられます。

ソーラーシェアリングでは工作を行っている農地の上に太陽光発電を設置することとなります。その為、本業である農業を行いながら、売電による収入も得ることができます。

また、売電先の新電力会社によっては需要家から「支援」として売電収入とは別で支援金を受け取ることができます。これは、ふるさと納税のようなイメージです。

上記のような支援金など含めると、本来電力会社に売電することによって受け取る収入以上の収益を見込むことができます。

需要家側のメリットとしては、「発電事業者の顔が見える」ということが挙げられます。

新電力会社にもよりますが、会社によっては発電事業者の情報を公開しており供給する発電所を選定することができます。

野菜などでも言えることですが、「生産者の顔が見える」ということは購入者にとっての安心感に繋がります。それゆえ、発電事業者の情報がわかることで需要家は安心して電力を調達することができます

まとめ

本サイトは営農型太陽光発電/ソーラーシェアリングに豊富な実績を持つ㈱野田建設が運営する情報提供サイトです。

当サイトは、「農地を持っているけど、何か有効活用できないかなぁ」「農地に太陽光発電を設置できるときいたけど・・・」「何か有効な投資商材がないかなぁ」などといったお悩みをお持ちの方のために設立いたしました。

太陽光発電と農地を相互的に有効活用することができることを知っていただき、お悩み解決につながればと思います。

当サイトであれば、「農地に太陽光発電を設置する」上での必要な情報は全て揃うようになっています。是非ご活用ください。

ソーラーシェアリングのことなら野田建設にお任せ!

次回のブログもお楽しみに!