営農型太陽光発電について

1.営農型太陽光(ソーラーシェアリング)

営農型太陽光発電
農林水産省の発表により、平成25年3月31日を境に、農地として使われている土地において、太陽光発電と農業を同時に行うことができる営業型太陽光発電ができるようになりました

営農型太陽光発電設備とはソーラーシェアリングとも呼ばれ、太陽の恵みを農業作物と、電力発電とで分かち合うようにした仕組みです。

ソーラーシェアリングとは農地に支柱を立てて、その下では作物を作ることが出来るようにした太陽光発電設備を用いて、農業と電力発電を同時に行う、土地を有効活用できる農地活用法です。
太陽光パネルが光を全て遮ることはなく、作物の生育には影響を与えません。配置の仕方を工夫し、太陽光発電パネルを設置することで、農業を行いながら、電力を発電することができます

2.光飽和点について

農作物は一定量の光があれば育ちます。余分な量の光は光合成に繋がらず、成長には必要のないものとなります。光合成に繋がらない光の量を光飽和点といいます。ソーラーシェアリングは光飽和点を利用します。農作物によって光飽和点が異なりますが、成長の妨げにならないのは遮光率30%程度とされています。光飽和点のない農作物も存在しますが、多くは太陽の光を遮っても問題なく成長します。
各種植物の光飽和点
例ですと、トウモロコシとサトウキビには光飽和点が存在しません。太陽の光を浴びれば浴びるほど、光合成を行います。
反対にケヤキとサトウカエデは光飽和点が低く、照度が20キロルクスを超えたあたりで、いくら照度を上げても光合成量が変わらないことがわかります。光飽和点を利用しているソーラーシェアリングと相性がいいです。

POINT 光飽和点が存在する作物に関しては、パネルの設置方 法を調整すれば、作物の生育に影響を及ぼしません

3.営農型太陽光発電設置のメリット

まる

メリット1 収入の増加
メリット2 農作物にとってよい土作り
メリット3 農作業がしやすくなる

収入の増加

農業から得られる収入の基準が、非常に低いものとなっています。
会社勤めと農業を両方行う兼業農家で生活をしたり、農業を続けているのが年金暮らしの高齢者といった状態です。
ソーラーシェアリングを行うことによって、売電収入を得ることができ、農業収入以外の収入が期待できます
収入の増加により、兼業農家から専業農家へ移行することにより、より品質の高い作物を作ることが出来ます。

農作物にとってよい土作り

太陽の光が適度に遮られることにより、湿度を保つことが出来るため、微生物の活動を助けることが出来ます
そのため、よい土を作りやすくなります。

農作業がしやすくなる

畑の上に太陽光パネルがあるので日影ができるため、夏場の作業が楽になります。

4.営農型太陽光発電のデメリットについて

ばつ

デメリット1
 3年に1度の更新許可
デメリット2 定期メンテナンス

3年に一度、更新許可を得る必要がある

農地の転用には農林水産省の許可が必要です。
架台の柱部分を農地の一時転用として申請しているので、3年ごとのチェックを受けなければいけません。

メンテナンスの必要性

メンテナンスは必須ではありませんが、発電効率を下げないためには、定期的な点検が必要です。