設置メリット

経済的メリット

電力の買取
税金面での優遇制度
環境に優しい
農地の活用法
非常用電源として

1.経済的メリットについて

余剰電力買取制度(10kW未満 ※住宅用)
太陽光発電は電気を作ることで家庭で使用する電気を太陽光発電で消費できるだけでなく、余った電力を電力会社に売ることができ、経済的に優れています。

全量買取制度(10kW以上 ※農地・産業用)
家庭で消費した電力とは関係なしに、太陽光発電によって作られた電力を電力会社に全て売ることができます。
表

2.全量買取制度と余剰買取制度の違い

全量買取制度は、設置するソーラー・パネルの容量が10kW以上の産業用のものだけになります。
多くの場合、農地や工場、太陽光発電所、賃貸集合住宅の屋根にソーラー・パネルを設置することになります。
日本の一般家庭に設置するソーラーパネルでは、およそ5kW前後の発電が限界とされていますが、全量買取では作られた電力をすべて売ることができ利益をもたらします。
全面買取制度表

3.税金面での優遇

エネルギー環境負荷低減推進税制(グリーン投資減税)は、我が国のエネルギー環境への適合及びエネルギー需給構造の改革のため、需要・供給の両面において、エネルギー起源CO2排出削減や再生可能エネルギー導入拡大に資する設備投資の加速化が必要不可欠であるとの観点から、平成23年度税制改正において創設されたものです。

平成26年4月1日、「所得税法等の一部を改正する法律」が公布・施行され、グリーン投資減税の対象設備が変更されました。
■対象者と制度概要
青色申告書を提出する個人及び法人が、対象設備を取得し、かつ1年以内に事業の用に供した場合に、税制優遇が受けられる制度です。

  (1)普通償却に加えて、取得額の30%特別償却

  (2)即時償却(100%償却、全額償却)

  (3)中小企業者に限り、取得額の7%相当額の税額控除。

参照:経済産業省  

4.環境にやさしい

地球
現在、環境問題とエネルギー問題の関心が高まると同時に、太陽光発電が注目を集めています。そして、地球温暖化、酸性雨の原因と言われる石油、天然ガス、石炭を減らすことで二酸化炭素をおさえようとする背景があります。
また、限りある資源エネルギーとは違い、太陽光発電は太陽が存在する限り永遠に無くなることがありません。
年々、高まる太陽光発電の期待は、環境問題のエネルギー問題とエネルギー問題の解決策として大きな期待を浴びています。
太陽光発電は太陽の光のエネルギーが太陽電池(ソーラーパネル)にあたることで発電します。太陽光のみで発電し、再生可能エネルギーを活用する太陽光発電は、クリーンで環境に優しい仕組みになっています。
表

5.農地の活用法

農地

(1)農業をこれからもしたい方

(2)農業をそろそろ引退しようか悩んでいる方

(3)農地の使い道に悩んでいる方

(4)農地を他に使いたいが農業をやめることが出来ない方

農地活用として注目されてい

6.非常用電源になる

太陽光発電システムでは太陽が出ている昼間であれば自立運転機能によって発電を行いますので、災害が起きた際の停電時でも発電した電気を使うことができます。

自立運転機能は、パワーコンディショナーの機能となります。自立運転機能のついた太陽光発電システムは現在流通している太陽光発電システムのうちおよそ88%前後となっており非常に多いことが分かります。

停電時にテレビなどで情報収集をしたり、携帯電話の充電に使用、湯わかしなど、緊急時に必要な電気を確保することができるメリットがあります。
携帯電話

携帯電話

電気ケトル

電気ケトル

テレビ

テレビ

冷蔵庫

冷蔵庫

扇風機

扇風機