当サイトについて

農地転用型太陽光発電情報共有システムとは

農地転用型太陽光情報共有システムとは
当サイトは「農地を持っているけど、何か有効活用できないかなぁ」「農地に太陽光発電を設置できると聞いたけど・・・」「何か有効な投資商材がないかなぁ」などといったお悩みをお持ちの方々のために設立された情報共有サイトです。
太陽光発電システムは次世代を担うエネルギー源として、最も注目されている新エネルギーの一つとして注目を浴びている発電システムです。収益性が非常に高く、節税対策としても有効。さらには地球環境に優しく、持続可能な発電システムです。
そんな太陽光発電を日本中に広大な農地を持つ農家の皆様にもっと知って欲しい。太陽光発電と農地を相互的に有効活用することができることを知っていただき、お悩みを解決したい。そんな想いで設立されたサイトです。
当サイトであれば、「農地に太陽光発電を設置する」上での必要な情報は全て揃うようになっています。
是非ご活用ください。

日本における耕作放棄地

多発する施工不良
現在、日本中の農家には悩みがあふれています。
「農地をたくさん持っているけど、跡継ぎがいない(=後継者問題)」
「体力的に農業はもうできない。どうにか有効活用できないかなぁ」
相続税対策としていい投資商材はないかなぁ。マンションはコストがかかりすぎるし、空室対策にも力を入れないといけないしなぁ」

などなど、それはそれはたくさんのお悩みが日本中にあふれています。
そんな中で、“太陽光発電”という選択肢を視野に入れていただきたいのです。

手入れがほとんど要らない。
多額の売電収入で投資額の1.5倍以上の収入。
農業を続けてもいいし、続けなくてもいい。


そんな優れたものが太陽光発電なのです。太陽光発電に関する多くのサイトが存在していますが、農地への設置に必要な情報が用意されたサイトは多いとは言えないのが現状です。
当サイトは、農地への太陽光発電設置を検討される農家様に有益な情報をお届けします。

設置されたお客様の喜びの声

各務原市営農型太陽光(ソーラーシェアリング)
岐阜県各務原市にお住まいの林様が農地一時転用設置許可を岐阜県第一号に取得されました。林様も「農地をもっと有効に使 えないかなぁ」とお悩みでいらっしゃいました。
そんなとき、当サイトの運営企業である野田建設主催の『太陽光発電農地活用徹底解説セミナー』に参加され、農地への太陽光発電を具体的に検討され始めました。しかし、その当時は営農継続型太陽光発電(営農をしながら太陽光発電を設置する)はまだまだ認知されておらず、対応できる業者があまりありませんでした。
そんななか、野田建設の農地太陽光担当者などと議論を重ね、やっとの想いで岐阜県第一号営農型太陽光発電49.5kWシステムを設置。

「設置してよかったですか?」と尋ねると、林様「設置してよかったです。毎日の発電量が楽しみで仕方がありません。農地の活用方法で悩んでいる時間が無駄でした。その時間も発電して欲しかったぐらいです!」
と非常に満足されている様子です。当サイトでは、設置した事例に基づいて本当に必要な情報をお届けします。

2013年に解禁!農地への太陽光発電の設置が可能に

田んぼ
農地への太陽光発電は平成25年3月31日までは設置不可とされていました。しかし、農地転用許可制度が改正され、平成25年4月1日より「営農しながらなら・・・」という条件付で太陽光発電の設置が許可される運びとなったのです。
それまでは太陽光発電の設置をしようと思えば、農地を転用するしかありませんでした。 農地の転用となれば、非常に多くの農家様が農地への太陽光発電の設置を諦めざるを得ません。

営農継続型太陽光発電(=ソーラーシェアリング)が設置が可能となって、非常に多くの選択肢が広がりました。

農業を辞めて、太陽光発電で売電収入を得る。
農業をしながら、太陽光発電で売電収入を得る。
家庭菜園をしながら、太陽光発電で売電収入を得る。

しかしながら、農地への太陽光発電の設置を嫌う業者も多く、日本では、まただまだ十分な情報が得られにくい環境です。農地への太陽光発電の設置は、農業委員会や農地法などが複雑に絡むため、多くの業者が農地への太陽光発電の設置に消極的です。
当サイトでは、具体的にどうやって設置するのかという生の情報をご提供します。