農地用太陽光発電導入までの流れ

1.導入手順

農地用太陽光発電の導入は、主に以下の手順で行われます。
導入の流れ
以上のような工程で設置に進みます。

2.導入概要

導入検討では、太陽光発電設置の目的の明確化、日照条件などの設置環境や条件の事前調査を行います。
計画を円滑に進めるためには導入目的を具体的にすることが必要不可欠です。
全体の流れと工期の必要期間・制約事項を把握しておくことは、工期の短縮につながり、効率的に導入できます。
導入する太陽光発電の規模を考え、実際に導入できるかどうかの現地調査を行います。
農地や周辺の環境等を調査し、発電に有効な面積や、設備の設置に適しているかの確認を行います。
農地転用の申請を行います。
自身の持つ農地の農地区分により、申請先が異なります。
農地転用または一時転用の手続きを行うために、都道府県知事、農林水産大臣、農業委員会、該当する申請先に申請書類を提出します。
提出から約1ヶ月 ~2ヶ月で農地転用の許可が下ります。
システムの概要が把握できたら、システム設計、建設設計の両面から具体的な検討を行い、図面の作成に移ります。
導入にかかる見積もりを出します。
工事計画を結ぶために、施工に向けて必要な機器の発注や、手続きが行われます。
基本設計の計画を練り上げ、電気・土木の両面から実施設計図を作成していきます。
太陽光発電に必要な機材の選定をし、基本設計時に作成した見積書より正確な見積書を作成します。
実施設計で作成した図面に基づいて、施工に必要な図面を作成します。
設計に従って、架台の設置工事や太陽光パネルの組み立て等を行い、太陽光発電設備を設置します。
農地転用型太陽光情報共有システムとは
売電START
お問い合わせはこちら
PAGE TOP