農地転用型太陽光発電について

農地転用型太陽光発電とは
売電のしくみ
農地転用をするには
高い収益性

1.農地用太陽光について

農地を利用した太陽光発電をご存知ですか?

○太陽光発電に興味があるがどうすればいいのか分からない

○農地はあるが農業をする人がいない

○相続について悩んでいる

農地を利用した太陽光発電はこうした悩みを解決します!

こうした悩みを解決します

2.売電のしくみ

太陽光発電は太陽の光のエネルギーが太陽電池(ソーラーパネル)にあたることで発電します。
太陽光のみで発電し、再生可能エネルギーを活用する太陽光発電は、クリーンで環境に優しいしくみになっています。
太陽光発電の仕組み

3.農地転用をするには

農地に太陽光発電を設置したい場合、すべての農地が農地転用できるわけではありません。
基本的には農地は農業以外での使用が認められておらず太陽光発電を設置するには手続きが必要となります。

仮に手続きはせずに太陽光を設置した場合、厳しい罰則が科せられます。

農地転用する条件とは?

農地法第4条
農地を所有、または貸借権等を有し者が、自らその農地に太陽光発電を設置する場合

農地法第5条
農地所有権、貸借権などを有する者以外の第三者が所有権の移転手続き、または設定を受けて転用する場合

上記に基づく申請手続き、または、届け出が必要となります。

4.高い収益性

農地太陽光の設備投資に対する採算の目途は立ちやすく、高い収益性を生み出すことが可能です。

投資シミュレーション

32万円/kW、年間維持費5千円/kWと仮定する。

100kWのシステム容量だとすると初期設備費は3,200万円かかり、また、年間維持費50万円のコストがかかります。

10年間でのコスト  3,200万円+50万円×10年=3,700万円

売電収入

1kWでの年間発電量は約1,100kWhなので、100kWの場合の年間発電量はおよそ110,000kWhと推測できます。
そして、経年劣化による出力低下が1年ごとに1%あると仮定すると、20年間で、累計の発電予測はおよそ1,983,000kWhとなります。

買取価格は37.8円を適用したとすると10年をきることになります。

そして、20年目を迎えた時点ではおよそ7,500万円の収入、最終的な利益はおよそ3,800万円にのぼります。