農地転用手続きの流れ


     農地転用の手続きは申請書類を窓口(農業委員会など)の提出すればよいのですが、その申請書類を作成するためには、
        時間と手間を必要とします。農地転用をしようとする土地の状況にもよりますが、土地改良区の意見書や土地の関係権利者な
        どの同意が必要な場合は、それらをもらうために関係各所を回ることになります。書類に押印してもらうのに数日要する場合もあ
        るので注意が必要です。





     1.現況確認
       現在、農地転用しようとする土地が実際にどのように利用されているのかを確認します。登記簿や公図の写しも併せて
                確認します。

     2.農業委員会に事前相談
       申請の前に相談に行きます。この時、農地転用しようとしている土地がどのような農地なのか、どの申請になるのか、
                土地改良区の有無、意見書は必要かどうかなど申請書を作成する上で必要な書類等の情報を集めます。

     3.申請書の作成
       許可申請書や事業計画書、その他事前相談で必要とされた書類を作成します。

     4.申請農地転用しようとする農地のある市町村の農業委員会に申請書類を提出します。





     都道府県知事許可の場合

      
1.申請者が農業委員会に申請書類を提出する。
  
       2.農業委員会が意見を付して知事に送付する。
      
       3.知事が県農業会議から意見を聴取する。
 
       4.県農業会議から知事へ意見を提出する。
         2ha超4ha以下の場合は農林水産大臣(地方農政局長等)と協議

       5.知事から申請者へ許可通知を発行



     農林水産大臣(地方農政局長等)許可の場合

      
1.申請者が知事へ申請書を提出する。

       2.知事から大臣へ意見を付して送付する。

       3.大臣から申請者へ許可通知を発行する。



     農業委員会への届出(市街地化区域内農地の転用)の場合

      
1.届出者が農業委員会へ届出書を提出する。

        2.農業委員会が届出者へ受理通知を発行する。








     添付書類はケースごとに異なります。しかし、下記の書類は基本的に必要になります。


       ・法人の場合、登記事項証明書・定款又は寄付行為の写し
       ・申請に係る土地の登記事項証明書
       ・申請に係る土地の地番図
       ・転用候補地の位置図及び付近の状況を表示する図面
       ・転用候補地に建設しようとする建築物又は施設の面積、位置及び施設間の距離を表示した図面
       ・転用事業を実施するために必要な資力及び信用があることを証する書面
       ・所有権以外の権限に基づく申請の場合には、所有者の同意書
       ・耕作者がいる場合には、耕作者の同意書
       ・転用に関連して他法令の許認可等を了している場合には、その旨を証する書面
       ・申請に係る土地が土地改良区の地域内にある場合には、当該土地改良区の意見書
       ・転用事業に関連して取水又は排水につき、水利権者・漁業権者その他関係権利者の同意を得ている場合、
                 その旨を証する書面
       ・その他参考となるべき書類





     申請してから許可が下りるまでの目安の期間です。

     ・都道府県知事許可の場合
       
6週間(農林水産大臣への協議を要する場合は、+3週間)

     ・農林水産大臣許可の場合
       
事前審査 6週間
         許可申請 6週間

           
ただしこの期間はあくまでも信施してからの期間なので、申請の準備も含めるとさらに長くなります。農振除外も含めると、
           半年から1年以上かかる場合もありますので、注意してください。