農業振興地域と農振除外申請


    農業振興地域とは、農業振興地域の整備に関する法律に基づいて、市町村の農業振興地域整備計画によって農業を推進する
   ことが必要と定められた地域のことです。農業振興地域の農用地区域内の農地では、農地以外での土地の利用が厳しく制限さ
   れていて、農地転用が許可されません。そこで、転用したい農地が農業振興地域の農用地区域に該当している場合には、農地
   転用許可を受ける前に農用地区域からの除外をする必要があり、その申請を農振除外申請といいます。





     農振除外申請を行うには、次のような要件を満たす必要があります。

     1. 農用地区域以外にその土地に替わる土地がないこと。
     2. 除外によって、土地の農業上の効率的かつ総合的な利用に支障を及ぼすおそれがないこと。
     3. 除外によって、農用地区域内の土地改良施設の有する機能に支障を及ぼすおそれがないこと。
     4. 土地基盤整備事業完了後8年を経過していること。

     市町村によっては上記以外の要件を満たす必要がある場合がありますので、その土地のある市町村の窓口で確認するように
     してください。





     この農振除外の受付回数や受付時間も市町村によって異なり、農振除外申請が受付されてから手続きが完了するには、半年
    近くかかることもあるようです。また受付も年に数回しかないので、農業振興地域にある農地を農地転用使用とする場合には、こ
        の農振除外の申請が通ってから農地転用許可申請をすることになるので、全体では1年以上かかることもあるので十分に余裕を
        持って行うことが必要です。





     農新除外申請書類は、申請書、除外申請する土地の謄本、その他の資料というのが一般的のようです。しかし、役所によって
        多少異なりますので、事前にその土地の地域の役所で農振除外申請を担当している部署の名称やその手続きに必要な書類、
        手続きの流れなどをあらかじめ電話や窓口で直接確認したほうが良いでしょう。






<<コラム一覧へ