そもそも「農地」とは?


  農地であっても、農地転用をしたり特例によって一時転用をすれば農地で太陽光発電ができるということはご存知のとおりです。
 では、そもそも「農地」とはどんな土地のことをいうのでしょうか。

  「農地」とは、基本的に土地の登記の地目が、「田」か「畑」の土地のことです。
    地目とは、不動産登記法によって法務局の登記官がその土地を判別・認定した土地の用途のことで、田や畑の他にも、宅地・学校用地・塩田・鉱泉地・池沼・山林・牧場・原野・墓地・境内地・運河用地・水道用地・用悪水路・ため池・堤・井溝(せいこう)・保安林・公衆用道路・公園・雑種地の全部で23種類に区分されています。そして、田・畑の農地は農地法や都市計画法によって制限がありますし、その他の地目でもその地目ごとに関係する法令がそれぞれあり、制限等があったりします。

  ただ、登記の地目以外にも現況地目というものがあり、現況が農地として利用されているとみなされると、地目が農地でなくても農地と扱われる場合があります。それ以外にも、登記の地目が雑種地などの土地であっても、市役所等で発行される固定資産の名寄帳や評価証明を見てみると、その土地の現況地目が畑などと認定されていることも稀にあるそうなので、一度確認してみると良いでしょう。

  固定資産の名寄帳や評価証明以外にも、毎年5月ごろにその土地のある地域の市役所から納税義務者に送付されてくる、固定資産税納税通知書で現況地目を確認することもできます。