農地用太陽光発電で後継者不足を解決

農地の有効活用として農地 太陽光発電システムを導入する方法があります。しかし、土地の地目が農地となっている場所や田畑として運用している土地は、基本的に農業以外の目的で利用することは、法律で禁じられています。これは食料自給率低下を防ぐ為ともいえます。その為、農地 太陽光発電システムを導入しようするなら、農地を雑種地や宅地に変更する農地転用の手続きを行い、許可を得なければ設置することができません。しかし2009年の農地法改正で、さらに農地転用の規制は強化されている為に、特に第一種農地以上では許可が下りるのは難しいといわれています。そこで注目を集めているのが、農地転用を行わず太陽光発電を設置する、営農型太陽光発電いわゆるソーラーシェアリングの存在です。これは、営農を続けながら太陽光発電を行うことになるのですが、農地転用は必要とせず、一時転用の許可を得た場合に可能となります。最近では第1種以上の農地においても条件付きで認められたケースもあります。国内において、農業から得られる収入は非常に低い水準にとどまっています。そのため、会社勤めと農業の両立や高齢者でもある程度の年金が無ければ農業を続けられないという状況になっています。しかしソーラーシェアリングを行うことで、農業収入に加えて農地 太陽光発電による売電収入を得られるようになるため、農家の収入を大きく増やせる可能性があります。作物を育てて売るだけの農業から、発電して電力の収入も見込める事から、若者の気持ちを惹きつける魅力的な存在でもあり、しいては後継者不足の解決や、食糧自給率の低下を少しでも解消できる可能性があります。

 




   土を耕し、種を植えて、水をまいて、収穫して・・・農業って本当に大変です。自分はもう年だから体がつい ていかない。そんなときに今までは後継者を探して農業を継いでもらおうという考えが主流でした。しかし、 後継者を見つけて農地を継いでもらっても相手があることですからいろいろと問題が起こる可能性がありま す。農業をやりたいからといって脱サラした人を後継者にして農地をまかせてみたものの、「自分が思って いたのと違う」といって数年ももたなかったなんて話1度は聞いたことあると思います。 昔はそのようなケー スがたくさんありましたが、今は別の解決手段があります。農地転用による太陽光発 電です。農業と違っ て一旦農地に太陽光パネルを設置してしまえばあとは業者による定期的なメンテナン  スが必要なだけ  であなたへの負担はまったくかかりません。そこで生産された、つまり発電された電力は国 が定める制度 によって電力会社が買い取ることが保障されています。 後継者を見つけてきて、いつやめていってしまう  か分からない人に一から農業のイロハを指導する労力  と、一旦農地転用して太陽光パネルを設置して しまえばあとは国の制度によって発電された電力が買い  取ってもらえる太陽光発電。どちらがいいかは 明白ですね。




   農地 太陽光で後継者不足を解決することができるといわれています。近年では、日本国内においての 農業従事者などの人数は年々減少しているといわれています。 しかし、耕作放棄地というものは、全国  に、約40万ヘクタールも存在しています。 これらの土地を近縁では、太陽光発電に生かすという計画など   が進んでいます。農地を太陽光発電に転用 することで、さまざまなメリットを得られるのです。まず、耕作  放棄地の再利用をすることができるのです。 広大な面積があるという農地は、とても価値のある不動産と なっています。 このため、荒れた土地をそのまま放置してしまうというのは、あまりにももったいない話とな ります。 しかし農地 太陽光を導入することで、これらの荒れた農地などを再利用することができます。   大変豊富なエネルギーへと変えることができますので、投資目的で太陽光発電を行うことができるのです。 このため、若者を農業へ取り組みやすくすることができますし、ソーラーシェアリングなどで農作物を育てた りなど、エネルギー生産を行うことができます。 農業では後継者不足となっていますが、これらの農地 太 陽光を取り入れることで、後継者不足を解決することができるのです。






<<コラム一覧へ