電力自由化と太陽光発電



      昨年より、「電力自由化」という言葉をよく耳にするようになりました。ただ、「電気を買う会社を自由に選べる。」ということ
          だけなんとなく分かっているのですが、詳しい仕組みや料金、太陽光発電設備で発電した電気を売電する際にはどのように
          なるのか分からない点が多くありますので、少しずつ勉強しまとめていきたいと思います。
      





      現在「電力自由化」といわれているのは、「電力の小売全面自由化」ということだそうです。もともと電気は各地域の電力
          会社10社(中部電力や東京電力など)だけが供給・販売していて、どの電力会社から電気を買うかは選ぶことができません
          でした。各地域の電力会社10社のみの供給にもメリット・デメリットの両方がありますが、近年は規制緩和によって健全な競
          争環境をつくり電気料金を引き下げていこうという動きが広がりました。その後、審議を何度も重ね法改正も行った結果、独
          立系発電事業者の新規参入や特定規模電気事業者の小売が認められるようになったそうです。
      一番最初の自由化は2000年3月に始まりました。最初は「特別高圧」という区分の大規模な工場やデパート・オフィスビル
          などが電力会社を選ぶことができるようになりました。その次に2004年4月と2005年4月に「高圧」という区分の中小規模の
          工場や中小ビルへと徐々に対象が広がり、2016年4月から「低圧」という区分の家庭や商店でも電力会社が選べるようになっ
          たということです。

      2016年4月から電力の小売全面自由化が始まり、新規参入の電力会社や各地域の電力会社の新しい料金プランや新しい
          サービスへの切り替えが可能になりました。ただ、電力会社を選択する手続きを取らなければ電力の供給がストップするわけ
          ではなく、現在契約している電力会社から今まで通り供給されるそうです。また、電気料金も消費者保護の点から、各社の競
          争が十分に発展するまで(少なくとも2020年3月まで)は、現在の一般的な料金で各地域の電力会社から供給されるそうです。








      「電力の小売全面自由化」のよって、多くの事業者が電気の小売市場に参入してきました。それによって、新規参入の
          事業者や既存の電力会社の中から自由に電力会社を選ぶことができるようになりました。新しい事業者の参入によって競
          争が激化し、様々な料金プランやサービスが出てきています。
      それによって、電気とガスや電気と携帯電話などの組合せによるセット割引や、ポイントサービスなどが登場しています。
          また、太陽光・風力・水力・地熱などの再生可能エネルギーで発電した電気を供給する事業者を選んで購入することもでき
          ますし、現在すんでいる地域以外の電力事業者からも購入することができるので、自分のふるさとで発電した電気を購入す
          ることも可能になりました。
      ですので、ご自分のライフスタイルにあった料金プランを選ぶことによって電気料金やその他(ガス代や携帯電話料金など)
          の料金を抑えることができたり、環境にやさしい方法で発電した電気を選んだりと選択範囲が大きく広がりました。






      これまで電気を購入することばかり書いてきましが、太陽光発電設備をお持ちの方は売電についてはどのような影響が
          あるのかが気になるところではないでしょうか。太陽光発電設備で発電した電気を売電することができるということは法律で
          決まっているのですが、売電先までは法律では決められていないそうです。今までは各地域の電力会社に売電をしていま
          したが、電気の小売全面自由化によって売電先も自由に選べるようになったそうです。
      新規参入の電気事業者は小売する電気を自家発電するかどこからか調達をしなければならないので、その調達先として
          一般家庭の太陽光発電が注目されているそうです。ですので現在はまだまだ試験段階で地域限定等の様々な条件があり
          ますが、今までの固定買取価格+αの価格で電気の買取を始めている事業者もあるそうです。
      少しでも高い金額で買取って欲しいと思うことは当然ですが、売電価格だけでなく全体の支出も考えて電力会社を選ぶ
          必要がありそうです。前にも書いたようにガス代などと併せることによって料金を安くするサービスもありますし、契約期間の
          途中で解約するには違約金が必要になる場合があったりもします。売電に関しても今後もいろいろなプランやサービスが今
          後も出てくる可能性が高いと思われますので、焦らずにじっくりと考えてご自分にあった電力会社を選んでいただきたいと思
          います。