農地用太陽光の見積りの取り方と注意点

  農地転用、もしくは農地の一時転用による太陽光発電をしようと思った場合、まず太陽光パネルの販売業者に見積もりを出してもらう必要があります。その際にいくつか注意点があります。
  ・見積もりは複数の業者から取る
   見積もりを出して貰うのが1社だけだと相場感覚がつかめないので、法外な値段の見積もりを出されても自分では気付けません。ですので必ず複数の業者から見積もりを出してもらいましょう。また、見積もりを出して貰う際にあらかじめ「他にもいくつかの業者に農地転用による太陽光発電の見積もりをお願いしています。」と言っておくことによって受注したい業者側としてもギリギリの値段で見積もりを出してくれる可能性が高くなります。
  ・アフターフォローをチェック
   あがってきた見積もりを元に自分で気になった点をいろいろと各業者に質問してみましょう。そこでの対応の態度が設置後の対応の態度だと思って間違いありません。疑問点を聞いたときに嫌そうな態度を取ったり返答が遅いような業者は、農地に実際に太陽光パネルを設置した後でトラブルが起こった場合も嫌そうに対応したり、対処に時間がかかったりします。いくら値段が安くてもその後の対応が悪い業者ではいけませんので十分気をつけましょう。


  農地 太陽光の見積もりの取り方ですが、まず、見積もりをしてもらう場合、インターネットなどで、業者を調べることから始めましょう。複数業者に見積もりを作成してもらい、そしてその見積書を比較するという「相見積もり」というものが、最もよい方法となります。日等の業者だけでなく、複数の業者に見積もりをしてもらい、そして比較をするというのが、相場を知ることができるので、見積もりを取る上で一番良い方法であるといえるでしょう。また、農地用太陽光発電である、ソーラーシェアリング用の太陽光発電システムというのは、一般的な屋根に設置する形状である太陽光発電と比べて、少々単価などが高くなってしまいます。このため、一度に多くの投資が必要となってしまい、負担になることは変わりがありません。ローンなどを組むと、その分の初期費用の回収年数なども長くなるので、お勧めです。農地 太陽光を行う前には、まずは、複数の業者で見積もりを取り、その相場を知ることが必要です。また、そのメリット・デメリットなどを比較し、長い目で見て、投資分を回収することができるのかどうか、ということなども考えて、農地 太陽光を設置するということが必要となるのです。


  農地 太陽光発電システムを導入するにあたり、設置する土地は広大になる為、初期費用の負担は大きくなります。なるべくなら初期費用を抑えて初期費用回収期間を短くする事で、その後の収益の増加にも繋がります。そもそも一般家庭向けの太陽光発電と違って、パネルの設置やメーカーとの連携などと施工が非常に難しいといわれています。又、設置面積が大きく、キロワットあたりの単価が少し違うだけで、初期投資費用が大きく変わってきます。少しでも初期費用を抑えるには、施工する業者を何社か比較する事が大切です。見積もりを取る際には、パネルをはじめ、分電盤やパワーコンディショナー、架台など設置に必要なものがまとめて提示してあるのかどうかです。後から追加で発生するようなことは避けます。そして一定の発電出力が保証されているかどうかです。出力保証はつまりは性能への自信の表れでもあります。そして万が一の際での災害補償や売電保証が充実しているかどうかです。投資金額が回収できる前に、災害などで発電ができなくなってしまっては大損です。この様に、価格・保証、そして確かな施工技術を見極める為にも、複数の業者へ見積もり依頼と打ち合わせを行う事が非常に大切になってきます。又、農地 太陽光発電システムでは、税額の控除や特別償却など税制上の優遇措置が受けられるグリーン投資減税があります。こういった制度を活用する事で農地 太陽光発電システムの導入に掛かる費用の回収期間を早めることも大切です。





<<コラム一覧へ