業者選びのポイント


     太陽光発電の導入に失敗しないようにするためには、業者選びに失敗しないことが最大のポイントです。設備や制度などの
        ハード面から見ると、太陽光発電の導入を見送る理由はないといえるくらい非常に魅力的な投資商材であることは間違いあり
        ません。しかし、太陽光発電を設置する業者はピンからキリまであります。太陽光発電の設置には施工が伴うので、いくら太陽
        光パネルや周辺機器の性能が優れていたとしても、施工不良があるとすべてが台無しになってしまうのです。
     業者選びは、以下のようなポイントをおさえて慎重に行いましょう。





     どんなに太陽光発電が低リスクといっても、デメリットやリスクは確実に存在します。そのデメリットやリスクをきちんと説明して
        くれるかどうかが見極める一つのポイントになります。売電による収益のシュミレーションに関してもそうです。売電による収入は
        全て手元に残るわけではありません。固定資産税やメンテナンス費用、機器の交換費用、保険費用など様々な費用がかかりま
        すし、発電量の低下なども起こります。そのような様々な要因を試算に入れたシュミレーションになっているか確認しましょう。
     メリットばかりでなくデメリットもきちんと説明してくれる業者を選ぶことが大切です。そして、そのデメリットも考慮に入れて太陽
        光発電設備を導入するかどうかを決定しましょう。少しでも不安に思ったり、疑問に思うことがある場合は業者に質問し、納得で
   &nbshttp://www.nouchi-taiyoukou.jp/wp-content/plugins/mp-contents/images/headlines.pngp;    きるまで説明してもらいましょう。





     農地への太陽光発電システムの設置はまだまだ一般的ではありません。そのため、多くの会社には未開拓の領域です。
        また、営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)に関してはとてもシンプルな構造であるため、きちんとした設置方法でなけれ
        ば台風などの災害でいとも簡単に破損してしまう危険性を孕んでいます。さらに、農地は農地法や自治体などの制約を受けて
        いる土地ですし、営農型太陽光発電の場合には多くの許可申請書類が必要となります。後々トラブルに巻き込まれないように
        するには、農地への設置に高い専門性のある業者を選んでおくことが大切です。





     太陽光発電システムは施工を伴う立派な構築物です。そのため、施工が悪ければ設備自体が台無しになってしまいます。
        いくら安くても施工技術が低い業者で導入してしまうとトラブルになる可能性がありますので、施工技術に信頼のおける業者を
        選定することがとても重要です。施工技術は太陽光発電設備の設置実績で量ることができます。設置実績が多くある業者は、
        その分経験と技術を持ち合わせているはずです。







     現在、「太陽光発電難民」と呼ばれる方々が全国に多数いらっしゃいます。「太陽光発電難民」とは、設置した太陽光発電が
        故障したが業者が倒産してしまい連絡がつかず、対処ができなくなってしまったというような方々のことです。太陽光発電とは、
        最低でも20年間の長い付き合いになります。そのため、アフターサービスを受けることができなければ後々困ることになります。
        また太陽光発電は額の大きな投資設備ですので、当然販売業者の会社規模もそれ相応に大きくなくては対応できません。太
        陽光発電業界には、新規参入の業者も多く、設立が若い業者なども多く存在しています。そのため、業者の信用性や倒産のリ
        スクをしっかりと見極めなくてはなりません。