農地用太陽光の耐久性

  実際に農地転用、もしくは農地の位置j転用による太陽光発電をした場合、太陽光パネルの耐久性が気になると思います。まず第一に、国税局が定める太陽光発電の法廷耐用年数は17年となっています。一般的には太陽光パネルの寿命は約20~30年といわれています。太陽光モジュールとして多く使用されている結晶シリコン系は非常に安定的な物質であり、セル自体は優れた材質で保護されている、さらにモジュールは磨耗がなく強化ガラスで覆われているなどの理由によって非常に故障しにくくなっています。さらに補助金給付の条件でもあるために各メーカーは10年保証をつけており、その期間内に問題が起こった場合は無償で応じています。また有償による15年・20年保証を行っているメーカーもあります。10年保証や20年保証などいろいろな制度がありますが、太陽光発電システムは現実的には原則メンテナンス不必要な商品とされています。毎月の発電量をしっかりチェックさえしていれば、販売業者によっては実際に農地に足を運んで定期点検を行っているところもあるので、契約の際にその辺のアフターサービスに関してもしっかり検討するといいでしょう。


  農地 太陽光は、農地を活用して売電ができるということで、大変話題となっています。しかし、気になるのが、農地 太陽光を行ううえで、どのぐらい耐久性があるのか、というところです。こちらの農地 太陽光の耐久性ですが、20年以上であるといわれています。こちらの農地用太陽光発電などに使われている機器などは、太陽光パネルそのもの以外にも、機器が使われています。このため、パネルだけでなく、その付随する機器などによって、その耐久性であったり、全体的な寿命などが異なってきます。しかし、こちらの農地用太陽光発電システムというのは、故障が少なく、そして耐久性が高いシステムであるといわれています。政府の方では、17年の法廷耐用年数であるとしていますが、実際の農地用太陽光の耐久性・寿命というのは、実際の所は20年以上だといわれています。このため、農地用太陽光パネルは、非常に耐久性に優れていますので、長く安心して使い続けることができるものであるといえるでしょう。しかし、たびたびのメンテナンスなどは必要であることも多いですし、出力低下などを防ぐためにも、定期的なメンテナンスはこまめに行うことがお勧めされています。


  農地 太陽光発電といった大型の太陽光発電を設置する際に気になるのがその耐久性です。農地 太陽光発電に使われる機器は、太陽光パネルをはじめ、分電盤やパワーコンディショナー、架台などパネル以外でも多くの機器が使われています。基本的に、太陽光発電設備は一般的に法廷耐用年数が17年と定められています。この数字からも太陽光発電は、モーターのように駆動することで発電する仕組みではないことから、経年劣化の緩やかなものということがわかります。それでも経年劣化していくことを避けることはできず、20年で10パーセント程度の出力の低下は避けることができないといわれています。しかし定期的なメンテナンスを施す事で、低下期間を遅くすることが可能で、20年超で20パーセント近くの出力差が生じると指摘されています。そして一般的な期間寿命として、ソーラーパネルで20年から30年、パワーコンディショナーでは10年から15年といわれます。また、農地 太陽光発電システムではその設備は非常に大きいものとなる為、点検や洗浄などの日頃のメンテナンスの計画を立てておくことが大切といえます。





<<コラム一覧へ