太陽電池の仕組み


     太陽光発電システムの一番重要な部分は太陽電池です。この太陽電池は「電池」という名前は付いていますが電気を貯めて
         おくものではなく、太陽光を吸収し電気に変える機器です。太陽電池は半導体でできており、この半導体に太陽光が当たると日
         射強度に比例して発電を行います。

     太陽電池の構造は、電気的な性質の異なる2つの半導体(p型、n型)を重ね合わせ、電極で挟んだ構造になっています。半導
        体の中には+(正孔)と-(電子)の性質を持った粒子があり、最初はそれぞれくっついた状態になっています。そこに太陽光が
        当たると、-(電子)はn型半導体に、+(正孔)はp型半導体に引き寄せられます。-と+は元に戻ろうとするので、そこに電球
        やモーターといった負荷(通り道)を作ると-が+のほうに動き出します。この流れが「電流」となって、電気を発生させているので
        す。
     しかし、この太陽電池で発生される電気は直流ですが、普段私たちが使っている電気は交流ですので、そのまま家電製品など
        に使用することはできません。そこで、太陽電池で発生した直流電流を交流電流に変換するための「パワーコンディショナー」
        という機器が必要になってきます。
     パワーコンディショナーは太陽電池が発生させる直流電流を交流電流に変換させるとともに、発生させる直流電流を最大限引
        き出すように制御しています。また、電力会社からの電線に悪影響を与えないように保護装置を内臓していたり、自立運転機能
        を備えていて停電時に電力を供給することもできます。