農地用太陽光発電で農地活用

田んぼ

 近年よくニュースなどで報道されている太陽光発電ですが、どこにでもパネルを設置して太陽光発電ができるというわけではありません。行政上、土地には使用目的に応じて地目というものが設定されているからです。このため田んぼや畑といった農地に関しても基本的には太陽光発電ができないことになっています。しかし、農地転用という制度が存在して、その制度を使うことによって使わなくなった農地を転用してそこに太陽光パネルを設置して、そこで太陽光発電を行うことができます。もしあなたが農地はもっているけどもう体がつらいからやりたくない、農業はやめて他の仕事をしたいと考えているのであれば、一度農地転用による太陽光発電を考えてみてはどうでしょうか。使わなくなった農地をただそのまま放置しているだけでは毎年土地の税金を払うだけですが、もしその農地を転用して産業用太陽光発電をすれば全量買取制度によって電力会社に発電した電力を買い取ってもらうことができます。また、太陽光発電はクリーンなエネルギーなので地球環境にも非常にやさしいです。金銭的な面からも、地球環境に対するエコ的な面からも、農地転用による太陽光発電は大変メリットがあります。

転用型太陽光発電(野立て設置)

農地 太陽光を考えているという方も少なくありません。最近では、使われなくなった農地などのことを耕作放棄地であったり、または遊休農地であったりなどと呼びます。

こちらの農地などは、余っているところも年々増えており、東京ドーム8510個分の農地が放置されています。そこでこれらの農地を有効活用するために、農地 太陽光で、農地に太陽光発電を取り入れるという方が増えています。農地 太陽光は条件さえクリアすることにより、膨大なエネルギーを生産することが可能となっています。

農地の日当たりの良さは素晴らしいものがあり、太陽光発電システムなどを設置するうえで、大変理想的な条件であるといわれています。

住居などの上に、太陽光発電を設置しているという家庭も増えていますが、屋根に太陽光発電を設置するよりも、高い発電効率を期待することができるというのが大きなメリットとなります。

農地を活用した太陽光発電の場合、発電量がとても多いので、大量の電気を買取してもらうことができるのです。

電気の買い取り価格と言うものは、最近では、低下傾向にありますが、固定価格買取制度なども利用することができるので、経済的にもとてもお得なのです。

営農継続型太陽光発電(ソーラーシェアリング)

農地を田舎に残して都会へ出て働いている日本人は実に多いと思います。又、若者の農業離れに伴い、田舎には放置されている農地が実に多く存在しています。国を挙げて色々な政策により耕作率を上げようとしてはいますが、それでも農地には様々な制限がある為、思う様な成果は挙げられていないのが現状です。しかし近年注目を集めているのが、農地を転用して活用する方法です。その代表的なものの1つに農地 太陽光発電があります。そもそも耕作には日照が不可欠である為、農地の場合には日射量を稼ぎやすい土地柄でもあります。又、土地が平らな事から太陽光パネルの最適な角度に設置するのも容易でもあり、農地 太陽光発電を設置するのに最適な環境といえます。そして広大な敷地により、10キロワット以上の規模の産業用太陽光発電にはうってつけの土地といえます。10キロワット以上の太陽光発電を設置した場合には、発電したすべての電力が売れる全量買取が適用、そして20年間同じ価格で電気が売れる20年間固定買取制度が適用されます。つまりは、農地 太陽光発電を導入する事で、初期投資回収期間が短く、短い期間で大きな収益を生み出す事が可能となります。一方でシステムが大きい分初期費用は高額になります。しかしながら、お得な融資や補助金、助成金を受けられる場合もありますので、上手く活用する事でさらに効率よく収益が見込めるものとなります。