農地用太陽光発電の遮光率について

  まず、遮光率とはなんでしょう。遮光率とは、太陽光や蛍光灯の光を遮る度合いを言います。簡単に言うと、高いほど光を多く遮っているということです。太陽光パネルで遮っているほうが太陽光の発電効率が高くなりますが、農地の作物の生育を妨げないように注意する必要があります。調べると、冬至は太陽光パネルの遮光率が角度によってかなり変化します。傾けると遮光率が高くなります。ということは、冬に雪によって農作物を育てられないような地域にある農地は、通年で売電収入を得ることができるので、太陽光発電のメリットは大きいように思えます。冬場の遮光率を考慮に入れないとすると、夏は太陽光パネルの角度を傾けるほど遮光率は低くなります。ソーラーシェアリングに向いている作物は半陰性植物や陰性植物でしたから、あまり遮光率が低くても問題になるでしょう。農地の作物の収穫の時期と光の加減を考慮に入れて太陽光パネルを設置する必要があるでしょう。ソーラーパネルの傾斜に関しては、手動で傾ける回転機構があります。メリットは発電量のアップ、雪国対応、洗浄の容易さ、日照量対応、強風対策などたくさんあります。太陽光パネル設置も工夫次第で利点を引き出せそうです。


  農地 太陽光発電パネルによって、農地への太陽光が遮られる割合を遮光率といいます。太陽光パネルの合計面積を架台を設置した土地の面積で割り、100倍して%で表します。遮光率は約30%とする設置の仕方が多いです。農地 太陽光パネルの傾斜角度による遮光率は太陽の方向と関わってきます。春分や秋分では年平均に近い遮光率になります。ですので冬の遮光率も考慮することが望ましいです。海外には花を育てる遮光率50%の農地や、大型で遮光率15%の農地もあり様々です。育てる農作物に合った遮光率になるように設置することが大切です。
  農作物の生産状況を報告する場合には、土地面積と農作物の種類、収穫量と品質、遮光率を報告する必要があります。この場合、遮光率は設計上の値で良いのですが、値が不明である場合は農地を上から見た状態で、太陽光パネルが農地に占める割合を報告します。太陽光発電による改築工事や計画に変更が生じた場合、遮光率が増えるようであれば太陽光発電による農地への影響の見込みを記載した書類と、その理由となるデータなどが改築工事について報告する書類の添付資料として必要になります。農地 太陽光発電では遮光率が高いほど発電効率も高くなりますが、農作物の成長を考慮した遮光率にする必要があります。



  ソーラーシェアリングを行うにあたり、遮光率という用語がでてきます。これは、真上から見たときの太陽光パネルと農地の面積比率を示したものです。農林水産省の指針では、反収(田畑1反(約10アール)当たりの作物の収穫高)に影響がない限り、遮光率の制限は特にありません。ただし、反収が周辺地域の平均反収の80%を下回った場合、一時転用の再許可が下りない場合があります。
  植物には、成長に適した光の強さがそれぞれあり、太陽光発電のパネルによる遮光率と、パネル下部で栽培する作物の選択が重要になります。作物によっては遮光率を適切に行うことで収穫量が増えることもあります。遮光率は、「遮光率[%]=太陽光パネルの総面積[㎡]÷設備下部の農地面積[㎡]×100」で求めることができます。栽培する作物の種類にもよりますが、一般的に遮光率は30%前後が望ましいとされ、太陽光パネルは農地に光や雨がなるべく均等に当たるように幅の狭いものが推奨されています。
  ただ、遮光率が小さいほど太陽光発電の容量が小さくなるので、例えば光飽和点が高い作物(スイカやトマトなど)を中心に栽培すると農地面積に比して売電収益が少なくなってしまいます。ちなみに、太陽光の発電容量は「発電容量[kW]=農地面積[㎡]×太陽光パネル面積あたりの発電量[kW/㎡]×遮光率[%]」から求められます。
  既存の太陽光パネルの角度変更は手動で行われ、2~3人がかりで30分ほどかかります。今後、農作物の種類によって、遮光率が容易に変更できるシステムが低コストで導入できれば、太陽光発電事業のさらなる発展が期待できます。





<<コラム一覧へ