農地に設置できる太陽光発電パネル

  例外的にではありますが、農地転用の手続きを行わなくても太陽光パネルが設置可能なケースもあります。
 一時的に太陽光発電を行うので一時転用と言われています。ただしそのためにはいくつかの条件を満たす必要があります。
 具体的には
  ・一時転用許可に当たり、周辺の営農上支障がないか
  ・年に1回の報告、農産物生産等に支障が生じていないか
  ・支柱の基礎部分について期間3年まで一時転用許可の対象とする
  上記の条件を満たした上で農業委員会に申請し、許可を受けることができれば農地に太陽光パネルを設置することができます。
   農地  転用による太陽光発電をしようとしたけれども、地目を農地から変更できなかった場合にはこの方法を使ってみるといいでしょ
 う。  また、 一時転用の手続きに関して行政手続きに慣れていない個人でやるよりも、太陽光パネルの販売業者にお願いするのが
 いいで しょう。 普段から手続きを数多くこなしている太陽光パネルの販売業者なら申請もスムーズにできるので安心してまかせるこ
 とができます。また、一時転用の許可が出るまでの期間に関してはケースバイケースなので、もし農地転用による太陽光発電を考え
 ているならば 早め早めに申請しておきたいですね。
    
 


  農地 太陽光というものが今大変話題になっています。農地 太陽光は、農地において太陽光発電をすることができるというものにな り ます。今までは、農地などを利用して、太陽光発電を行う場合には農地転用などの申請が必要となっていました。しかし、このたび  日本では条件がありますが、申請がなくても太陽光発電パネルを農地に設置することができるようになりました。農地 太陽光を取り  付けることで住居の屋根に取り付けるよりも、膨大なエネルギーを生産することができるだけでなく、様々なメリットがあるといわれてい ます。全国には放置されている農地が数多くありますが、これらの農地に太陽光発電パネルを設置することにより、再利用することが  できます。何も利 益を生み出すことができないという農地よりも、これらの農地に太陽光発電パネルを設置することによって、売電とい う利益を得ることができるのです。後継者不足で悩んでいるという場合でも、こちらの太陽光発電パネルを設置することによって、これら の悩みを解決することができるのです。また、農地などでは野立てとなりますので、屋根の形状にこだわらず設置することができるとい うのが大きな強みとなります。



  一般の住宅や土地では太陽光発電はどんどん普及しています。しかしながら、広大な面積と豊富な日射量を稼ぎ出す農地 太陽光 発電の普及は中々進んでいないのが現状です。それは農地を耕作以外の目的で使用することが法律で禁じられているからです。農地 太陽光発電を導入するためには、農地転用が必要になってきます。第二種、第三種農地はある程度許可がおりますが、それでも第一 種農地はさすがに簡単には許可が下りるとはいい難いのが現状です。そして注目を集めているのが、ソーラーシェアリングの存在で  す。これなら第一種農地で農地 太陽光発電を諦めていた方でも設置が可能となります。この方法は耕作地の地上から3m程度の位  置に太陽光パネルを並べて、農業を営みながら太陽光発電を行う方法です。あくまで営農が条件になり、農地の一時転用の許可が必 要になりますが、それでも農地転用に比べて敷居は低いといえます。又、地目変更を行い再び農地として利用することは非常に難しい ため、農地転用を避けたい方にもおすすめといえます。ただし注意したいのが、一時転用許可の期限は3年となります。太陽光発電は 向こう十数年継続していくことになりますので、期間満了前に再申請することが必要です。又、その間も土地を含め周辺の営農に支障 を与えない事や年に1度の報告で、農作物の生産に支障がないことをチェックする事も必要となってきます。