太陽光発電の保険加入について


     太陽光発電は屋外に長期間設置する設備ですので、悪天候や自然災害等による天候リスクや盗難・損傷などの人的リスク、
        故障・異常などの機械的リスクなど様々なリスクが想定できます。さらに、産業用太陽光発電設備は住宅用の太陽光発電設備
        とは異なって、郊外や遊休地・農地に設置することが多いので夜間無人になります。よってさらに多くのリスクを抱えることになり
        ます。
     産業用の太陽光発電は事業性の高いものですが、その分初期投資や運転資金の額も大きく、高額なローンを組むことも少な
        くありません。そのため、安定的な資金繰りの実現のためにもメーカー保証に併せて保険に加入することなどによって、多くのリ
        スクに備えることが大切です。




br>     実際に保険に加入しようとするときには、どのような保険がよいのでしょうか。
     一般的には「火災保険」に加入することが多いと思われます。「火災保険」は、火災・落雷・台風・降雪・落下物・飛来物による
       損害が補填されます。補償額は契約ごとに異なりますので一概にはいえませんが、対象内の損害であれば修理や修繕・新規購
       入などの補償も対象可能となっています。しかし、産業用太陽光発電のリスクはこれだけではありませんので、万が一のリスクを
       カバーするためには、火災保険以外の保険に加入することが推奨されています。
     その保険が「「動産保険」です。太陽光発電設備のような設備システムや電化製品・家具や精密機械などに対して、火災保険
       ではカバーできない広範囲な損害までも補償することができます。具体的な補償範囲は火災保険で補償されている火災や台風、
       雹などによる被害や飛来物落下による損傷に加えて、ガス漏れや漏電による爆発、さらにはいたずら、盗難、破損、組み立て・運
       送中の事故などにも対応しています。



hokennhikaku



     上記のように、火災保険と動産総合保険は重複する部分もありながら、火災保険には「電気的・機械的事故」の補償があるこ
         とが大きく異なっています。太陽光発電機器は一般的に、太陽電池モジュール、接続箱、パワーコンディショナー、モニタリモコ
         ン、専用ケーブル、売電メーターなどのパーツからなりますが、これらの機器の故障を補償するのが火災保険の「電気的・機械
         的事故」にあたります。これは故障の主な原因であるということを考えると、ぜひ入っておきたい補償といえるでしょう。
     また、動産総合保険では「不測かつ突発的な事故」という想定外のリスクに広い範囲で補償していますので、動産総合保険は
         火災保険をベースにさらに補償範囲を広げるという保険であるといえます。自己の太陽光発電設備に応じて保険の契約金額を
    調整して、不足の事態に備えることが大切です。なお、火災保険に加入したほうがよいのか、動産総合保険に加入したほうがよ
    いのか、それとも両方に加入したほうがよいのか、条件によって加入すべき保険は変わってきます。正しい知識と経験を兼ね備
    えた専門家に相談して、しっかり検討・決断して不足の事態に備えましょう。






太陽光発電-SP用