農地用太陽光のメンテナンス費について


  太陽光発電は、寿命が20年あるといわれます。その際、メンテナンスにはほとんどコストがかからないとされています。しかし、農地で利用する装置が精密機械であるため、「故障しない」「性能が劣化しない」ということはないようです。特に、雷や台風などの自然現象による農地での故障は、大規模なものになると相当手痛いものとなります。それに対する補償の制度もあるようです。太陽光パネルの20年以上の長期的な出力保証が注目されていますが、劣化による性能低下は免れないようです。
  対して、太陽光システムの農地での点検は販売施工業者が行います。しかし、普段から自分で日常点検をしておくのがよさそうです。日常点検の項目としては「パワーコンディショナー本体、太陽光パネルや架台、ケーブル、接続箱」などを「汚れ・傷のチェック、破損・欠損はないか、腐食・はずれはないか、異音や振動のチェック、モニターによる発電状況の確認」などがあります。太陽光パネルを手動で傾けるという装置であれば、メンテナンスにかかる手間は省けそうです。しかし、故障で一番多いのはパワーコンディショナーという装置だといいます。パワーコンディショナーを農地の適切な場所に設置し、点検をこまめにしていきたいものです。

  農地 太陽光に必要な直流と交流の切り替えを行うパワーコンディショナーは約10年ほどで交換が必要になります。パワーコンディショナーを購入した際に期間が定められた保証をつけている場合、その期間内のメンテナンスは無料になります。メンテナンスの費用が必要な場合、その状態や販売店にもよりますが、約10万円から20万円の幅があります。パワーコンディショナーは電化製品にあたります。修理不可能な状態まで製品が値下がりしている場合であれば、新しいものを購入する手段もあります。
  農地 太陽光パネルのメンテナンスは、汚れを除去することです。業者に依頼すれば、農地への出張料と合わせて約5万円前後です。これも依頼する業者や太陽光パネルの状態によります。パネルが汚れたままでの発電効率はやはり汚れていない状態のときと比べると劣ってしまいます。
  発電量を確認する計測装置、売電メーターは正常な動作をするか10年に1度検定を行います。取り換えが必要になった際、売電メーターを電力会社が所有している場合は取替費用は無料となり、施工主が所有している場合は費用が発生します。デジタルのメーターであれば約10万円で、アナログのメーターであれば約1万円の費用がかかります。
  農地 太陽光発電システムにおける主要メーカーの多くは、農地にとって打撃となる自然災害による破損も補償に含めています。

  太陽光発電設備は、農地の整備や機器導入などの初期投資以外にも様々な費用がかかります。例えば、パワーコンディショナーは約10年、計量器は約7年で交換しなければなりません。メーカーの保証範囲内で対応できない自然災害などの損害に対しては損害保険料、そしてシステムの機能維持のために必要なメンテナンス費が必要になります。農地 太陽光システムのメンテナンス費は、一般的に設置費用の0.3~0.7%程度が年間に必要であるといわれています。太陽光発電システムの設置費用が2000万円とした場合、年間のメンテナンス費用は6~14万円程度必要であるということになります。農地 太陽光発電導入の際は、初期投資費用とともにメンテナンス費用も十分に考慮・検討しなければなりません。
  メンテナンス契約を結ぶ場合、通常は「メーカーや販売会社が業務提携しているメンテナンス代理店」もしくは「自身で独自に契約したメンテナンス専門業者」が契約相手になります。具体的にメンテナンス業者はどのようなことを行うのでしょうか。一般的には次のとおりです。
  ・太陽光パネルおよび配線などの関係部位のチェック
  ・架台の破損や腐食、固定ボルトなどのチェック
  ・配電盤のチェック
  ・配線ケーブルやケーブルラックなどのチェック
  ・パワーコンディショナーのチェック
  ・電流 - 電圧特性曲線(Ⅰ‐Ⅴカーブ)など関係項目の測定 など
メンテナンスの項目は、上記の通り多岐にわたって点検・清掃箇所があります。メーカー各社の発表によると、太陽光モジュールの寿命は20年以上で、メーカー保証は10年以上付帯します。また、パワーコンディショナーの寿命は10年程度で、メーカー保証は1年付帯がほとんどです。パワーコンディショナーは10年後に機器を入れ替えることを想定して、費用(一般的に30万円程度)を見込んでおく必要があります。
  メンテナンス費は様々必要になりますが、初期投資費用については7年から8年ほどで回収でき、想定寿命の20年までの残り13年から14年は少額のメンテナンス費用のみです。農地 太陽光発電事業は、売電収入からメンテナンス費用などの諸経費と税金を差し引いても高収益が期待できます。





<<コラム一覧へ